いいねして最新情報を受け取ろう!

2015年10月30日更新

ダイエットしててもおやつを食べたいあなたへ

ダイエットしててもおやつをたべたいいいいいいって方におすすめのおやつをご紹介!

太らないおやつって?

ホットヨーグルト

ヨーグルトに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は腸内環境を改善します。
腸内環境を改善することは、成長ホルモンの分泌量を増やすために大事なことなんです。
では、なぜヨーグルトを温めた方がいいのか?
それは、人の腸内と同じ38℃〜40℃の環境にすると乳酸菌やビフィズス菌が活性化するからなんです。
活性化するだけではなく、効果を持続させることにもなるんですよ!
100gのプレーンヨーグルトを、電子レンジで40秒(500Wの場合)温めるだけでOK。
ですが、酸味が苦手な人はトッピングをしましょう!
特に、フルーツをトッピングすれば効果はさらに期待できます★
例えば…
【バナナ】…果物の中でも、善玉菌のエサになるオリゴ糖が特に多いのがバナナ。バナナとヨーグルトの相性は抜群で、量の目安は1/2〜1/4本程度。
【ブルーベリー】…ブルーベリーに含まれるアントシアニンは抗酸化作用があり、老化予防になります。また食物繊維も豊富なのでヨーグルトと合わせて食べたら腸が綺麗になりますよ!量の目安は20粒ほど。
【りんごor梨】… りんごや梨に含まれるベクチンという成分は腸を刺激し、善玉菌を増やす働きがあります。腸内環境改善にさらに効果的!量の目安は1/2個。

鶏皮

脂質の多い鶏皮が痩せるおやつに!?
成長ホルモンの分泌を促すには、その材料となるタンパク質を摂ることも大事です。
タンパク質の一種であり、美肌に欠かせないコラーゲンがダントツで多いのが鶏皮なんです。
鶏皮を、フライパンやオーブンでカリカリになるまで焼き上げ、スナック感覚で食べるのがオススメです。
また、仕上げに軽く塩胡椒をふり、余分な脂はキッチンペーパーで取り除くとカリカリした食感が楽しめますよ!
栄養成分が豊富なので、少量でも満足感が得られるんです。

関連する記事

この記事に関するキーワード

この記事のキュレーター

女子大生/m&mとstarbucksが大好き♡/モデル/Twitter⇨@kxm_shuffle

人気記事ランキング

おすすめの記事

検索